モデルハウスで家づくりを成功させたい!初めてでも安心して利用するための情報を詳しく紹介します

人生で大きな買い物となる住宅購入。
図面とにらめっこだけでは前に進みません。
ですが全ての住宅購入が出来上がった家を見てから購入するのではない為、モデルハウスに出向くことでイメージを具体的に現実的にすることができ、理想の住宅を手に入れる一歩となります。
初めての住宅購入でも後悔する可能性を少しでも無くせるよう、安心して利用できる為に、確認する点や事前に準備をしておいた方がいい事などチェックしておきましょう。

モデルハウスで家づくりを成功させたい!初めてでも安心して利用するための情報を詳しく紹介します

モデルハウスは住むことがイメージしやすいように家具や電化製品など揃えています。
しかし、それは最新の物が多く設置しており、初めての方は素敵な家に嬉しくなります。
その後、実際に住んでみるとイメージが全然違うということがあります。
そうならない為にも、室内の家具などは配置のイメージと捉えるようにします。
モデルハウス全体を隅々まで見学し、生活に関わる同線の確認、家族構成による各部屋の間取り確認などしていきます。
案内のスタッフにも積極的に質問し、購入者にとってはデメリットになりそうな点も正直に話してくれるスタッフであれば、また別の物件を紹介してもらい、理想の物件に近づいていきましょう。

モデルハウスは様々なハウスメーカーを比較できる

モデルハウスを参考にすれば、様々なハウスメーカーの思惑や工法を確認することができます。
一般的に、ハウスメーカーは工務店と違って自分たちでプランを提供してクライアントに対して選択してもらうという方法を採用していることがほとんどです。
全ての要望を聞き入れるのではなく、あらかじめ準備している自分たちのプランを選択してもらう形になりますので、そこにはその会社独自の特徴が存在します。
言い換えれば、こだわりをもってモデルハウスを提供していますのでこれを確認することによって、その会社がどういった方向性で建設に携わっているのかということがわかりやすいメリットが存在します。
ですから、会社を選択する時にはこういった提供されているプランやサンプルを参考にすることによって自分達に適したサービスであるかどうかということを確認できます。
より理想の物件を購入するためにも、必ず事前にこれらのサンプルを確認しておくことが重要です。

モデルハウスは住宅展示場と分譲の2つのタイプがある

モデルハウスは実際の家をモデルとして見せている物で、購入前の検討に大いに役立ちます。
モデルハウスには二つのタイプがあり、一つが住宅展示場です。
これは、一定の場所に複数のハウスメーカーが集まって、そこに建物を実際に建てて比較検討できるようにしている場所です。
郊外や工場跡地など、まとまったスペースを確保できる場所に計画されることが多くなっています。
一方分譲のタイプは、こうしたモデルハウスのために建てられたものではなく、実際に販売することを前提としているタイプです。
つまり、一定期間を終えれば実際に売られるものであるため、それを気に入ったのであれば購入することができます。
見学用のためにグレードが高い設備などが採用されていることも多いですが、見本用に建てられたということで安く手に入れることが可能です。
気に入ったのであればモデルハウスを選択肢にしても満足することができます。
すでに建っているので、入居もスムーズです。

モデルハウスの見学の基本的な流れ

夢のマイホームを手に入れたいと思う前に、いろいろな家を見学することから始まります。
いわゆるモデルハウス見学会への参加です。
各ハウスメーカーが独自の家を提供して見学することですから、非常に参考になります。
また資料も無償で準備してありますから、気に入った家に対しては勉強になります。
モデルハウスの流れとしては、まずは名称と住所を書くことが求められることが多いです。
最近では個人情報ということで、以前から比較すると少なくなりました。
見学をした後は、感想を求められることが多いです。
どのような印象であったかなど、ハウスメーカーによって取り組み方が違います。
家づくりに関して、いろいろなハウスメーカーが研究していますから、どのような造りがいいのか日夜頑張っているのです。
快適な空間である家においては、年々少しずつですが変化していることは確実です。
時代のニーズにあったものを提供していくことが顧客へのサービスなのです。

モデルハウスは実際の家を体験できる

マイホームに対しての理想は誰しもあるものですが、頭の中にある構想が実際にはどのようになっていくのかを知ることは難しいのが現状です。
「1階部分はすべてワンフロアにしたい」「吹き抜けの天井がよい」「お風呂場を広くしたい」などに理想を実現した時に場合によっては、住んでみた時に「住みにくさ」を感じたり、「こんなはずではなかった」と思うようなこともあるかもしれません。
そこで、おすすめなのが「モデルハウス」を利用してみることです。
モデルハウスは、住宅メーカーによって違いはあるものの、家具などが設置してあることで実際に住んだ際のイメージをしやすくなります。
宿泊体験などを実施している住宅メーカーもありますので、夫婦や家族で一緒に過ごしてみるとよいでしょう。
生活動線などを知ることで、どこにどんな設備や部屋を配置するのがよいかがわかりやすくなります。
後悔のないマイホームづくりを行う上でも必要不可欠な体験の一つだといえます。

著者:越田尚武

筆者プロフィール

大阪府大阪市生まれ。
モデルハウスのスタッフとしてお客様に様々な住宅を紹介。
モデルハウスの魅力を発信する記事を書いています。
大阪のモデルハウス